digi navi:デジナビ

このサイトは、携帯電話やタブレットなど、モバイル端末に関しての気になることなどをピックアップしています。ツイッターもやってますので、フォローはお気軽に。また、ケータイショップ様など、PRなどあれば投げ込み歓迎です。

entry_headimage

iPhoneでできる健康自己管理。プリインの「ヘルスケア」をうまく使うための設定と連携アプリ

投稿: 2016.12.06 10:15

文: tamaki


pinup iPhoneヘルスケア

日々の健康管理は手間をかけずに管理したいもの。とはいえ、手元にあるiPhoneにどんなアプリをインストールすれば良いかもよく分からず、かといって最初からセットされている「ヘルスケア」アプリは使い方も分からない上に、AppleWatchなどの専用機器を使わないと使えないんじゃないか、などと思われる方も多いかもしれませんが、この「ヘルスケア」というアプリ、実はイロイロと使えるんです。そこで今回はiPhoneにプリインストールされている「へルスケア」アプリを使い、自分で健康管理が行えるよう、毎日の記録に便利で簡単な使い方と、連携するともっと便利になるヘルスケア・フィットネス関連のアプリをご紹介します。

「ヘルスケア」というアプリ

pinup41_titleimage01

iPhoneの純正アプリ「ヘルスケア」では、歩数やウォーキング・ランニング距離を記録する「アクティビティ」のほか、摂取カロリーや栄養素の記録ができる「栄養」に加え、iOS10からは「睡眠」と「マインドフルネス」が追加されました。また、「バイタル」ではアプリやAppleWatchのような心拍計機能付き時計と連携して心拍数を記録したり、呼吸数、体温を記録することができます。それぞれの項目ごとに内容を見ていきましょう。

アクティビティ

pinup41_image01
私たちの生活は運動不足になりがちですが、日々の運動量や消費エネルギーを記録しグラフ化してくれるのが「アクティビティ」です。自動的に歩数や歩行距離、走行距離を数えてくれるほか(iPhone5S以降)、アプリと連携することでワークアウトや自転車の走行距離のトラッキングといったデータを共有することができます。AppleWatchとの連携では消費カロリー(ムーブ)やエクササイズ時間、立ち上がった頻度(スタンド)などを記録してくれます。自分の用途に合った使い方をしましょう。

ヘルスケアを歩数計として使う

他のアプリと異なり、ヘルスケアは起動していなくても歩数や歩行距離、走行距離をカウントしています(5S以降)。しかし、初期設定ではアクティビティをタップしても何も表示されていませんので自分の記録したいデータを登録させる必要があります。
まず一覧から歩数を選択し、「よく使う項目に追加」をオンにします。これで自動的に歩数がカウントされるようになります。(他のアクティビティの表示方法も同様。)歩数のグラフををタップすると、1日当たりの歩数が表示され、さらにタップするとiPhoneを持って歩いた歩数がさらに細かく表示されます。また、iPhone6/6 Plus以降では、搭載されている気圧計により階段を「上った階数」を表示することもできます。

pinup41_image02

ヘルスケアを体重の記録管理で使う

ヘルスケアでは、BluetoothやWi-fi経由で体重や体脂肪率を記録することができます。直接記録できるメーカーは限られていますが、体重計メーカー専用のアプリ経由で連携することができる商品も増えてきています。Withings社のスマート体重計Body CardioやWT-50は、直接ヘルスケアとBluetooth経由で連携して、体重、体脂肪率のほか心拍数も記録してくれます。その他にもタニタのインナースキャンデュアルシリーズがヘルスケアに対応しています。また、日々の体重は手動で記録・管理することも可能です。

pinup41_image03

睡眠

pinup41_image04
就寝時間は横になった時間ですが、肝心なのは眠っている時間です。「睡眠」では、睡眠追跡装置と睡眠監視装置で夜間の身体活動の変動などをもとに就寝時間と睡眠時間を分析します。記録するにはいくつかの方法があります。
一つは時計アプリの「ベッドタイム」で必要な睡眠時間や就寝時刻を設定し目覚ましをセットすると、ヘルスケアの「睡眠分析」に1日ごとの就寝時間と睡眠時間を記録します。
もう一つは、睡眠アプリとの連携です。ヘルスケアに就寝時間と睡眠時間が記録できるほか、睡眠の質や寝言といった細かい記録も可能になります。アプリをいくつか登録して、就寝時に使用したアプリを反映させることもできます。

Sleep Meister

毎日ぐっすり眠れているか、睡眠の質は疲労回復の重要なポイントです。人は寝ている間、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)を何度か繰り返して、睡眠時間が長くてもレム睡眠が多いと眠りが浅く、途中で目が覚めてしまったり疲れが取れない状態になってしまいます。SleepMeisterは端末に内臓された加速度センサを用いて、睡眠時間や眠りの深さなどを計測します。そのほか睡眠中の寝言やいびきといった物音を録音したり、各種SNSへの自動投稿(入眠時刻や中途覚醒など)、入眠したら自動停止してくれる音楽プレーヤー機能もあります。

pinup41_image05

また、起きたい時刻に合わせて30分前から眠りが浅くなったタイミングで起こしてくれる「設定時刻」と、睡眠時間を指定してアラームを鳴らす「睡眠サイクル」の設定が選択出来るようになっています。「設定時刻」にしていてずっと眠りが深い場合は指定時刻にアラームが鳴るようになっているのでご安心を。また、アラームを鳴らすのを開始する時間を30分、20分、15分、10分前に設定変更が可能で、ギリギリまで寝ていたい時にも対応してくれるようになっています。「睡眠サイクル」では、6時間寝たいといった時に便利です。睡眠時間が終了するとアラームを鳴らして起こしてくれますが、鳴らさない設定にする事もできます。

熟睡アラーム

朝目覚ましで飛び起きるけど寝起きが辛い。スヌーズ機能を使っているけど中々起きられない、といった悩みがある方も多いのではないでしょうか。熟睡アラームは、寝ている間の体の動きをチェックして、レム睡眠(浅い眠り)になった時にアラームを鳴らして起こしてくれる心と体に優しいアプリです。また、アラームの停止もユニークな方法で目覚めをサポート。スマートアラームや通常のアラームやスヌーズ機能のほか、「アラームの停止アクション」を選択すると、アラーム停止方法として仲間はずれ探しや計算、スマホをシェイクしないと止まってくれない、なんてものも選択できます。さらに眠る時もヒーリングサウンドで睡眠を誘う「熟睡サウンド」も用意されています。

pinup41_image06

また、睡眠サイクルが記録可能です。端末の振動を感知するセンサーがデータを記録し、波形グラフで表示します。独自の評価機能、睡眠データの集計が確認できるレポート機能もあり、目覚めた時の自己評価を入力することも可能です。日々の睡眠の質を記録する事にも使用でき、iPhoneのヘルスケアとの連動も可能。データはdropboxへアップする事もできます。

栄養

pinup41_image07
運動量に見合ったカロリーの食事をしているか、必要な栄養素は摂取できているかなどダイエットまではいかなくても、体重や体調は気になるもの。「栄養」では数値化することでどれだけのカロリーを摂取したか、普段の生活で不足しがちな栄養がどれなのかわかりやすくなります。データは項目別に手入力で追加するほか、連携アプリを使って毎日の食事を入力すると摂取したカロリーや栄養素をヘルスケアに反映することができます。

あすけん

会員登録(無料)をすることでその日の食事や体重、歩数などを記録することができます。体重・身長・性別を設定しておくと、それにあわせた必要カロリー数が表示されるので朝食・昼食・夕食・間食をメニューから検索して入力していきます。

pinup41_image08

食品の種類が多く、例えば「おでん」と入れただけでコンビニから一般的な食材まで100種類も登録されています。お菓子類やインスタント食品は新発売のものでもすぐに反映されており、該当するものがない場合はカロリー入力欄があるので似た商品を選択してカロリーを書き換えることで補完ができます。ヘルスケアと連携すると、ヘルスケアの歩数を元に消費カロリーが表示されます。ヘルスケアには摂取カロリーと登録した栄養素の数値が反映されます。3食と間食の入力が終了すると、その日の食事バランスやについて栄養士のアドバイスが受けられます。さらにプレミアム会員登録(30日間400円、90日600円)に登録すると、一食毎のアドバイスを受けることが可能。また、食事を撮影するだけで画像解析し、メニューを自動的に推測し登録することもできます。

マインドフルネス

pinup41_image10
マインドフルネスとは、世界的企業でも取り入れられている認知療法の一つで、今自分に起こっていることを判断や批判せず、ありのままに受け入れ認識することを言います。Appleの共同創業者であるスティーブ・ジョブズもマインドフルネスを実践していた一人です。ヘルスケアに対応するアプリは日本語版がなく(2016年10月現在)始めるには敷居が高いイメージですが、非対応版ではいくつかリリースされています。

zenify

zenifyはGoogle社員の間で話題になったアプリで、7つの課題を無料で試すことができます。1〜3分程度の瞑想の練習法を定期的に配信し、マインドフルに意識的に生きる方法を学んでいくスタイルになっています。
はじめに、課題を受け取る時間と1日に行う課題数、通知音や言語を選択したりします。また、通知する時間帯も設定できるので、休憩時間や寝る前に設定するとやりやすいです。後から設定を変更することもできます。あとは通知をONにしておくと通知が一定時間ごとに送られてくるので、課題を実践します。一回の時間が短いのでちょっとした休憩時間に出来るので、構えずに出来るのがポイントです。

pinup41_image09

課題の内容は画像を見たり音楽を聴いてイメージをおもいつくまま出していくなどシンプルなものになっています。

いかがでしたでしょうか。自分のライフスタイルに合わせて健康管理の手助けをしてくれる「ヘルスケア」で心身ともに健康的な生活を手に入れてみては?

記載している情報は投稿日時のものです。
ここに記載している商品・サービス料金、サービス内容・仕様、お問い合わせ先などを含む全ての情報は予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
また、各サービスやキャンペーンなどに関しては、適用条件や注意事項などある場合がありますので、各オフィシャルページなどをきちんと参照してください。


関連する記事

最新の記事

pinup

雨の日でもお家で楽しめるクイズアプリ5選

雨の日でもお家で楽しめるクイズアプリ5選

ベービーカーや車いすでの移動も安心!乳児とのおでかけに最適、お助けマップアプリ4選

ベービーカーや車いすでの移動も安心!乳児とのおでかけに最適、お助けマップアプリ4選

皆で盛り上がろう!パーティーゲームおすすめアプリ5選!

皆で盛り上がろう!パーティーゲームおすすめアプリ5選!

聴覚障害がある人とのコミュニケーションをもっとスムーズに♪おたすけアプリのご紹介

聴覚障害がある人とのコミュニケーションをもっとスムーズに♪おたすけアプリのご紹介

家族やカップル、子どもと一緒にお出掛けを楽しむ情報アプリの紹介

家族やカップル、子どもと一緒にお出掛けを楽しむ情報アプリの紹介

pinupを一覧表示する
炎
星空
富士山
日の出
紅梅と目白
氷柱の雫
ゆきだるま
ネオン
コスモス
content
  • iPhone
  • Android
  • Windows Mobile
  • 格安スマホ/格安SIM
  • ケータイ端末
  • LINE
  • ネットサービス
  • アプリ
  • ゲーム
  • 漫画/アニメ
  • 写真/カメラ
  • ガジェット
  • アクセサリー
  • スタンプ/ステッカー
  • アクティビティ
  • ヘルスケア
  • 地域活性化
  • 福祉/介護
  • 外部メモリ/記憶装置
  • イベント/キャンペーン
  • ケータイキャリア情報
  • ケータイショップ情報
  • キッズ/親子
  • 主婦目線
  • メーカー情報
  • 料金やプラン
  • 困った時(ガイド)
  • アップデート
  • データ関連
  • 無料壁紙